できた妊娠線を消す方法はクリームかレーザー

 

妊娠線を消す方法としては3種類あります。

 

アフターケア用のクリームでケアをする方法や皮膚科でレーザーや炭酸ガスでの治療があります。
しかし、美容皮膚科で消すのは健康保険が使えず、高額な治療費が必要となります。

 

そのため、ほとんどの女性ができた妊娠線を消す方法としてクリームを選びます。

 

実際に妊娠線ができた私も消す為に、費用が安いのと病院に行かずにお手軽な点から、クリームを使う方法を選びました。
しかし、最初は間違ったクリームを選んで効果がなかったりと失敗を経験しています。

 

できた妊娠線を消す為のアフターケアは私と同じように失敗をしている人は多いみたいです。
このサイトでは実際にいくつかの妊娠線を消すクリームを使った私が、失敗をしやすい点や使い比べておすすめのをランキングで紹介をしています。

 

妊娠線の予防をしたけど、できてしまったからケアを始めるって人はご覧ください。
また、早い遅いなんてことはなく、昔にできたのを目立たなくしたいって人でも参考になるはずです。

 

妊娠線は治らない!薄くして目立たなくする為にクリームでケア

 

まず最初に妊娠線ができたあなたに知って欲しいのが、完全に治すことはできない症状であることです。

 

妊娠線は内側の皮膚が切れる症状ですが、角質層には表皮や真皮やコラーゲン繊維など、様々な細胞があります。
この中でも真皮は新しく作られることはなく、傷がついてしまうと完全に治ることはありません。

 

妊娠線は真皮も切れるので完全に治すことはできない症状なのですね。

 

しかし、肌は真皮だけではなく新しく作られる細胞もあるので、出産をして何十年もたっているようなあなたのお母さんは、ほとんど妊娠線が目立たなくなっているはずです。

 

治すことはできないですが、長年の年月を待てるのであれば、だんだんと目立たなくはなってくるのですね。
しかし、多くの人がケアをするのは何年も待つことはできないし、早くどうにかしたいからです。

 

妊娠線ができてケアをしようとしても、治らないのにケアをしても意味がないと、あきらめるしかないと思ってしまう人は多いです。
目立たなくならない訳ではないのですね。

 

妊娠線を消す方法で失敗をしやすいのが使うクリーム

 

妊娠線を消す方法でクリームを使う人は多いですが、失敗をしやすいのが使うクリームです。

 

妊娠線と言っても予防をしたい人もいれば、できたのをケアしたい人もいます。
目的別に考えられた成分が配合されたクリームが販売されていますが、どちらも妊娠線クリームとして売られています。

 

そのため、妊娠中や産後にできた線を消したいのに、予防クリームを使ってしまう人もたくさんいます。
圧倒的に予防目的の為のクリームが多く、アフターケア用の数が少ないのも原因のひとつです。

 

妊娠線クリームの口コミを見てもそうですが、予防目的のをアフターケアに知らずに使って、効果がないと書かれているのも多いです。
また、保湿を重視している予防用だけでなく、薬局で市販の保湿クリームを使って、効果を実感できなかったなんて人もいます。

 

もちろん、アフターケア用のを使っても同じような悪い口コミはありますが、消したい人の評判は良いのが多かったりします。
人によって原因も異なればアフターケア用を使えば、必ずしも効き目を実感できるなんてことはありません。

 

妊娠線は即効性のある方法もないですし、短期間でどうにかできるようなことでもありません。
そのため、アフターケア用クリームで最低でも3ヶ月以上はケアをし続けるつもりで、始めるようにしましょう、。

 

実際に使っておすすめの妊娠線を消すクリームランキング

 

実際に使っておすすめの妊娠線クリームをランキングで紹介します。

 

妊娠線を消すクリームとしては種類はそこまで多くありません。
予防をしてもできた人向けや太ったのが原因の人向けなので、あまりアフターケア用は種類がありません。

 

その中でも口コミでも評判の良かったのをいくつか使い比べて選びました。
使ってみておすすめの妊娠線クリームを紹介するので、参考にして頂ければと思います。

 

長年評判がよく利用者が多い「ノコア」

 

古くから評判がよく累計で50万本を突破しているのがノコアです。

 

4年連続でモンドセレクションでの金賞を受賞しており、アフターケア用がほとんどなかった時からずっと販売をしています。
そのため、今まで予防用を使っていて、ノコアに変えてから効果を実感できたなどの口コミも、昔の日付のだと多いです。

 

コラーゲンの生成をサポートするFGFが配合されているのが特徴で、高保水成分のプロテオグリカンなどが含まれています。

 

最近ではブースターオイルが販売されており、徹底ケアができるようになっています。
口コミでの評判の長年よく、ノコアはおすすめすることができます。

 

口コミで人気があり利用者が増えている「プレマーム」

 

最近、利用者が増えているのがプレマームです。

 

メニーナジューのブランドで様々な化粧品が販売されていますが、妊娠線向けなのがコレです。
もともと様々な化粧品が販売されていますが、どれも評判がよく妊娠線用のクリームのプレーマームも口コミで人気があります。

 

@コスメなどの評価でも星が6個中で5.9個を獲得しています。

 

とにかく美容成分が豊富となっており、箱の裏面にはぎっしりと成分の一覧が書かれています。
(私が使った時からラベルが変更をしている可能性はあり)

 

美容成分の種類が豊富なので、産後の肌トラブルにも悩まされているって人であれば、プレマームがおすすめとなります。

 

兼用のmiteteマタニティクリーム(旧AFCクリーム)

 

安い肉割れクリームとして知られるのがmiteteのマタニティクリームです。
以前はAFCマタニティクリームとして販売がされていました。

 

miteteは予防をしたい人とアフターケアをしたい人の兼用のクリームとなっています。
そのため、妊娠中から産後のケアまで使い続けることができるのが特徴です。

 

特に予防をしたい人に安いクリームとして、口コミでも人気があるように感じます。

 

アフターケア用のクリームでキャンペーンなどの割引が関係なく、安いクリームを使いたいって人におすすめです。

 

妊娠線を消すケアでクリームは最低でも3ヶ月は使うつもりでいる

 

妊娠線はレーザーなどの治療をしたとしても即効性がある訳ではありません。
そのため、すぐに効果を実感できることはなく、ある程度の期間は使い続ける必要があります。

 

たまに使ってみてすぐに効き目を感じれたなど口コミであったりしますが、個人的には信用をしない方が良いと思ってます。
使ってみると肌がしっとりしているのを早い期間で感じれて、効果がありそうと感じることはあっても、即効性はないはずです。

 

もともと、肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーは1ヶ月から3ヶ月ぐらいと言われています。
そのため、最低でも3ヶ月は妊娠線クリームでケアをし続けるつもりでいた方が良いです。